今年も、メダカの子供たちが次々と誕生しています!

By admin@|8月 12, 2015|日常|

数年前からベランダでメダカを飼っています。スワロウクリフホールにもそんな記述がありましたよね。
飼育方法はとっても簡単で、ベランダに置いた大きめのスイレン鉢に水と水草を入れ、そこにメダカを放すだけ。水草が自然と水中に酸素を補給してくれるので、エアポンプは必要ありません。

冬もそのまま置きっぱなしですが、鉢の底でじっと冬を越して春になるとまた元気に泳ぎ出します。
一般的なオレンジ色っぽいメダカだけでなく、黒や白などのちょっと変わった色のメダカもいます。
毎年4月頃になるとメスはお腹にいっぱい卵をつけるようになり、数週間で小さなかわいい子メダカがふ化します。

子メダカは、そのままにしておくと大きなメダカに食べられてしまうので、見つけたらコップなどですくって子メダカ専用の別容器に移します。
そこである程度の大きさまで成長させてから、親メダカたちのいるスイレン鉢に戻します。

今年も既に10匹以上の子メダカが誕生しました!水の中をスイスイと気持ち良さそうに泳ぐメダカを見ていると、心も癒されるしとっても涼しげです。
子メダカたちには、元気に大きく成長してもらいたいです。